主婦あいこ何でもない独り言

Just another WordPress site

息子が不登校になった時の話

小学校6年生の息子が不登校になった時のことです。きっかけは今思うとささいなことだったと思います。不登校原因は友達関係の悩みが始まりでした。もともと内向的な性格の息子ははっきりと意見がいえない子で、友達が嫌なことを言ってきても我慢してしまう子でした。
6年生で同じクラスになったひとりの男の子とゲームの話で盛り上がり仲良くなりました。夏休みもよく遊んでいました。その子はとても負けず嫌いな子で息子とゲームをしていて負けると暴言や手が出ていました。私も家で見ていた時はけっこう激しいなと思っていました。
息子もわざと負けてやるのは嫌だしゲーム好きとしてプライドがあるので全力でゲームをしていて勝っていたのでその友達がいよいよイライラマックスになったのでしょう。ある日DSの友達リストなどが見られる画面のコメントに息子の悪口を書き込みました。息子はそれをみてショックをうけてしまいました。学校でも話したくないといい、学校にいきたくないと言い出しました。
その時に対処してあげていれば良かったのですが、他にも友達いるでしょうとか頑張ってと言って行かせていました。すると朝お腹が痛いと言ったり、実際起きられなくなったりして体に現れ始めました。
話を聞くとその友達は息子を友達リストから外したそうです。私はそんなことするなんてもう友達じゃなくていいよと言いました。それでも息子の心は晴れず、しばらく学校を休むようになりました。
その間に息子とは友達づきあいについて話したり今まで悩んでいたことも知りました。
休んでいると他の友達が手紙をくれたり予定を持ってきてくれたりして、その中にいた男の子が昔同じクラスだったようでとても心配してくれました。その男の子のおかげで息子は学校に行こうかという気持ちがまた戻ってきました。
今は原因になった子とも話はできるようですが距離を置いています。精神的なことから体に不調が出るというのを目の当たりにしたのでもっと話を聞いてあげて事前に解決できたらいいなと思いました。

214 thoughts on “息子が不登校になった時の話”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。